外資系企業への転身を前向きに考えている方は、ここで紹介するアドバイスを是非参考になさって下さい。外資系企業の求人を探す際、どんなポイントを押さえるべきか、外資系と国内企業の大きな違いなどについて予め知っておきましょう。

外資系企業の求人を比較するコツ

グローバル化が進んで今日では、数多くの外資系企業の求人があります。求人を探す上で、どのような部分を意識すれば、上手く転身が出来るのでしょうか?皆さんの転職活動に役立つセオリーやコツをご紹介いたします。

IT関係のお仕事をしたい場合は

外資系企業でIT関係の仕事を探したいと考えている場合にまず重要なのは今までエンジニアとして培ってきた実績とスキルを棚卸しすることです。外資系企業では目的志向で人材を獲得する傾向が強く、即戦力のエン…

語学力を活かして勤務したい場合

語学力に自信がある人の中には、外資系企業に転職して力を試したいという人も多いでしょう。ですが、せっかく外資系に転職をしても、日本語しか使わないというケースもあるので注意が必要です。求人を比較する際…

マイスペースな働き方をしたい場合は

私生活を充実させたいなら在宅勤務ができる企業を探してみよう

ワークライフバランスの考えが浸透している外資系企業の中には、日本企業にはあまり見られない多様な働き方を認めているところが少なくありません。たとえば、事務や受付、ITなどの職種を対象に在宅勤務ができる環境がある外資系企業は、マイペースな働き方に憧れている求職者の間で理想的な就職先として捉えられています。また、自宅に居ながら仕事のモチベーションを維持できるよう、パソコンやスマホを使って各地のオフィスの社員とコミュニケーションを取れるようにしたり、上司や先輩がフォローアップをしたりしている企業の数も増えています。なお、在宅勤務を選択できる条件については、企業ごとに勤続年数や雇用形態などの規定があります。そのため、就職後にミスマッチに悩むことがないよう、転職活動中に志望企業の事情を確認しておきましょう。

フレックスタイム制を選ぶ社員の数が多い企業をチェックしよう

世界的に事業展開をしている企業の中には、多様な人材を受け入れるため、営業職など一部の職種を除きフレックスタイム制を選択できるようにしているところが多くあります。そこで、仕事ばかりでなく家庭生活や趣味などにしっかりと時間を使いたい人は、求職活動を通じてフレックスタイム制を選ぶ社員の数が多い外資系企業の事情について調べることがおすすめです。また、自分のライフスタイルに合う企業を見つけるために、各企業の一日あたりの労働時間やコアタイムの設定の有無などを比較してみると良いでしょう。その他、待遇の面で不満を感じることがないように、フレックスタイム制で働く社員と他の社員との給料の格差が無いところを選びましょう。

日本企業と外資系企業の大きな違いとは?

日本で創業した伝統的な企業と近年日本に上陸した外資系企業では、色々な部分に大きな違いがあります。転職活動を本格的に始める前に、どんなポイントにどういった差異が存在しているのか、把握した上で求人を比較検討するのがベストです。

日本企業よりも勤務時間は短い?

日本の大手企業は、就業規則によって就業時間が厳格に定められています。朝早くから夕方の遅くまで、会社員の方々はオフィスで働かなければいけません。有り体に言えば、自分自身に割り当てられた日常業務が早め…

日本企業よりも女性が勤務しやすい

外資系企業は女性が働く場所としておすすめされることがありますが、その背景には男女を問わず能力のある社員には積極的に仕事を与えるというカルチャーがあります。伝統的な日本の企業では、表向きは男女平等を…

同僚や上司はみんな海外出身の方に?

外資系企業だからといって、社内で働く人々がすべて海外出身の方とは限りません。本社が欧米諸国にある外資系企業だったとしても、勤務先が日本国内のオフィスであれば、ほとんど日本企業と変わらない可能性があ…

外資系求人の種類について

外資系求人には、英語や中国語などの語学を生かした仕事や海外勤務・出張などの外資系企業の求人など様々な求人があります。